有名会社の社員研修の実態を掴む!?

有名会社の社員研修の実態を掴む!?

有名会社では、どのような社員研修を行っているのでしょうか。気になる方も多いでしょうから紹介します。 有名会社では、社員研修の仕組みが確立されています。そのため、場当たり的な指導や、職人のように見て覚えさせるということはなされません。一定の研修を受けさせ、それがなされてから、実際の部署に配属させるという形をとります。なぜ、このような手法をとるかというと、学生から社会人になるにあたっては、従来のルールでは対応できないことが多いからです。それを、個人の能力で対応させるというのでは無理も多く、トラブルが生じる可能性も否定せきません。また、トラブルが起こってしまえば、当人だけの問題ではなく、会社の責任問題にも発展しかねません。そのため、実際に部署に配属する前に、研修を積ませて、最低限のスキルを身に着けさせるのです。 具体的に何をしているかというと、まずは、ビジネスマナーを教え込まれます。ビジネスのルールというものは、独特のものが多く、予め知っておくことはできません。したがって、教え込まれるのです。

  

資格を取得させることも

また、業務に必要な資格を、社員研修で取得させるといったこともなされます。たとえば、保険や金融業務を担当する者は、それを扱うために資格を必要とします。これ自体は難しいものではなく、一定の座学を受ければ取得することは可能です。しかし、そもそも業務に配属される前にこれを持っていなければ、仕事をさせることができません。したがって、予め必要な資格等は、社員研修で取得させます。 前述のビジネスマナーを学ばせたり、資格を取得させたりするため、有名企業の社員研修は、長期に及ぶ場合も多いです。長いところは1年くらいは研修をさせたうえで、配属先が決まるというところもあります。これは、企業にとっては、コストがかかます。なぜなら、その期間、従業員は何ら生産性に寄与していないからです。しかし、最初にこのようなスキルを得させることで、長期的な生産性が上がります。有名企業が実績を残しているのは、このように、人材育成にコストをかけて、長期的な視点で物事をとらえているという点にあると言えるでしょう。